春〜初夏にかけての頭皮トラブルはバスタイム後のマッサージで解決!


気温もあがり、汗をかきやすくなるこれからの季節は頭皮の状態に注意。炎症を起こしたり、皮脂が詰まったり、知らず知らずのうちにダメージを受けています。
そんな頭皮トラブルを未然に防ぐには、今から正しいケアをすることが大切!

 

初夏の頭皮ってどんな状態?

鏡を見ても、なかなかわからない頭皮の状態。毎日ちゃんと洗っているつもりでも、意外と汚れが溜まっているのだそう。特にこれから気温が高くなる季節にかけては、頭皮の毛穴が開きやすくなり、汗だけではなく皮脂の分泌量も増加。

毛髪が密集した頭皮はムレやすくなり、頭皮表面の常在菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。細菌が繁殖すると、ニオイやベタつき、フケなどの原因となり、最悪な場合は頭皮に炎症が起こり、抜け毛などのトラブルに発展することも。

ニオイやフケなど、頭皮に異変を感じたら、頭皮クレンジングなどのスペシャルケアを取り入れ、清潔な状態をキープすることが大切です。

 

頭皮マッサージで詰まりにくい頭皮に

いくら頭皮クレンジングをしても、頭皮自体の代謝が悪かったら効果も半減。頭皮は自力では動かせないので、すぐに凝り固まってしまいます。

マッサージを取り入れることで血流が良くなり、頭皮が柔軟な状態に整えられるので、頭皮の汚れもスムーズに落とすことができます。

 

●バスタイムに取り入れたい簡単頭皮マッサージ

1.前頭部のマッサージ

1
両手の指を大きく広げ、おでこの生え際から円を描くように5回、外回しに頭皮を動かし、最後に少し力を入れて頭皮をプッシュ。これを3まで繰り返します。

 

2.側頭部のマッサージ

名称未設定2

両手の指を広げ、両サイドの耳を覆うように指を頭皮に当て、1と同様にマッサージ。

 

3.後頭部のマッサージ

名称未設定3名称未設定4

両手の指を広げ、小指が耳上部、親指が盆のくぼにあたるように指を置き、1と同様にマッサージ。

 

4. スライド&プッシュマッサージ
名称未設定5A     名称未設定6B

仕上げに両親指をAの黒丸部分に置き、圧をかけながら上にすべらせます。次に耳を囲むようにBの黒丸部分に指を5本置き、頭頂部に向けてすべらせ、最後に手のひらで両方の側頭部を挟み込み、圧をかけながら刺激して終了。

 

気温や天気だけではなく、パソコンやスマホの操作でも疲れが溜まる頭皮。日頃からほぐす習慣をつけて、健康的な状態をキープしましょう。

  • May 10, 2016