美容家・深澤亜希さんが語る! 夏肌トラブルは『冷やし美容』でクールダウン


近年、夏は気温が30度を超えることがほとんど。高気温で肌がほてり、水分不足に陥ると、ダメージによってシミ・くすみ・しわ・たるみなど肌老化を引き起こす原因に。ジリジリとした陽射しが続くときは“お肌の熱中症”にも注意が必要です!

未来の肌を美しく楽しむためにも、正しい夏肌ケアを知っておきたいところ。美容家でありビューティースキンスペシャリストとしても活躍されている深澤亜希さんに、健やかに美肌へ導くレスキューテクを教えていただきました。

 

美容家・深澤亜希さん

aki

女性誌や美容誌での執筆活動を経て、美容家として活動をスタート。“女性は自分に合った正しい美容法を行えば、誰でも必ずキレイになれる“をモットーに、書籍の執筆やメディア出演、商品開発のアドバイザーを務めるほか、さまざまなビューティーメソッドを提案。無理なくシンプルに、ココロに寄り添うような独自の美容論は、同世代を始めとした女性たちから絶大な支持を得ている。

 

お肌を冷やすなら適切なタイミングで!

pixta_19413338_S

最近よく耳にする「冷やし美容」ですが、やりすぎると身体まで冷えて逆効果になる場合も。取り入れるタイミングや方法を正しく見極め、程よいバランスで行うことがポイントです。
 
深澤さんまず私が基本的に思うことは、肌や身体を冷やすことは美容にとっては良くなく、美肌を育むためには温めることが大切ということです。

というのも、肌や健康というのはすべて“血の巡り”によって作られるため、冷やすと巡りが滞りがちになってしまうからです。

ただし唯一、冷やしたほうがいいタイミングがあります。それは炎症している状態=肌ダメージが最大のときです。ヤケドや足をねんざしたときは、まずは冷やして炎症・ほてりを鎮めますよね。

それと同じで、陽射しを浴びて温度が上がった肌を正常に戻す、という意味合いにおいては冷やし美容がとても有効だと思います。やみくもに冷やすのではなく、ダメージを負った肌を救ってあげましょう。

 

正しく効果的に冷やす方法とは?

★夏のスキンケアは美白の前に保湿を!

深澤さん:日焼けして炎症中の肌はとっても敏感。紫外線を浴びてシミの対策に美白コスメを投入したくなる気持ちはわかりますが、美白成分をしっかり肌に届けるためには、まずは保湿をして肌を健康な状態に戻すのが最優先! 体調崩したときは胃にやさしいものを食べるが如く、乾燥して弱った肌をいたわりましょう。

顔に赤みやほてりを感じるときは、ラベンダーやアロエなど抗炎症作用のあるローションを浸したコットンパックがおすすめです。潤いたっぷりのフェイシャルパックでもOK!

使い切りタイプのシートマスクなどは冷蔵庫に入れておくとほてった肌には気持ちいいですね。あとは保湿力もあって多機能な美容液を取り入れ、夜は乳液やクリームを。」
 
 
★メイク中に汗・皮脂が止まらないときは首を冷やす

深澤さん:メイク前は毛穴を引き締めるために、保冷材を肌にあてたり冷水で洗顔をするという話をよく聞きますが、すぐに体温で戻ってしまうため引き締まった感覚を得られるのは瞬間的なものです。

体温が下がれば自然と汗・皮脂もおさまるので、暑い夏のメイク中は軽く手首や脇の下を冷やすのが効果的です。もちろん、冷えすぎは良くないので、涼しくなったと感じたらすぐに外して。最近は外出中でも使える携帯冷やしグッズなども販売されていますし、そのようなアイテムを活用するのも手ですね。
 
 
★冷やす&温めを繰り返すと美容効果大!

深澤さん:最初に“冷やすのは美容によくない”と触れましたが、同時に温める要素が入ると話は変わってきます。冷やす→温める行為を繰り返すことで血行が促進され、肌のターンオーバーが促されるなど、細胞の活性化につながるのです。

お風呂に浸かる→冷水シャワー…を数回繰り返してむくみ改善、ドライヤーの最後に冷風をあてて髪のキューティクルを引き締めるなど、手軽にできる方法はたくさんあります。

 

キンッとした冷たさではなく、涼しく快適に感じるくらいが『冷やし美容』のベストバランス。上手に取り入れて暑い夏を乗り切って!

 

取材協力


深澤亜希

美容家・ビューティースキンスペシャリスト

オフィシャルInstagram

https://www.instagram.com/aki_fukasawa/


 

  • July 12, 2016